廊下

個体差が少ないというメリットを持つ人工木材

デッキ

不特定多数の人が出入りする施設でウッドデッキを設置する際、心配なのが腐食劣化による事故です。安全性を確保するため定期的なメンテナンスが必要なだけでなく、万が一の際には管理責任により賠償リスクを伴います。事故で多いのが天然木材が腐食し、手摺に支柱が折れたり床板が抜けるといったことですが人工木材ならそのリスクを軽減してくれます。
人工木材は水や湿気、害虫に強いだけでなく天然木材特有の強度のバラつきといった問題がありません。廃材やリサイクル木材をプラスチック樹脂と混ぜて人工木材を製造しています。工場で一貫した生産を行っており、人工木材の個体差が少ないといったメリットもあり、ウッドデッキの一部の支柱だけ、床板だけの強度が低下しており、定期点検の際に見逃されてしまい事故になるリスクが軽減できます。
また、天然木材にオイルステンを塗布する場合、化学物質アレルギーのある方のリスクも人工木材なら解決することができるため、飲食店の店先にウッドデッキを設置しようとしている、公共施設で多くの人が出入りするという場合には有効です。また、人工木材は耐久性も高いため、ウッドデッキの定期的な修繕工事や交換工事といった費用的な負担も軽減でき、安全性と経済性を兼ね備えています。

人工木材はフシやササクレがない

天然木材のウッドデッキに魅力は感じるものの、天然木材にはフシやササクレがあるといった問題があります。小さなお子さんがいる場合、フシやササクレでケガする心配があります。また、フシがある場合、その部分だけ抜けてしまうだけでなく、水分が浸透し腐食し易いといった問題もあります。ですが、人工木材ならその心配がありません。
人工木材が廃材や間伐材、製材時の端材や木屑などをプラスチック樹脂と混ぜて圧縮成形しています。天然木材が含まれるものの、フシやササクレが発生することなく、プラスチック樹脂特有の表面の均一性があるため、ケガのリスクがありません。また、人工木材は天然木材のように摩耗し難く、天然木材では表面研磨をしたところ小さなフシだったのが研磨したことで大きくなってしまうといったことも人工木材ではありません。
さらに工場生産で品質が安定しており、人工木材の表面で外観が大きく違うといったこともありません。部分的に色味が異なったりすることがないだけでなく、傷んでしまった部分を交換することもできるため、維持費用が抑えられるといったメリットがあります。ウッドデッキの見た目や安全性にこだわりたいという方は、フシやササクレのない人工木材の導入を検討してみてください。

人工木材のウッドデッキの使い方

ウッドデッキは今や簡単に取り付けることができ、通販でも販売されています。
最近のウッドデッキのほとんどが人工木材で作られていて、天然の木を使っているウッドデッキに比べると持ちが非常によくどんな自宅にも合いやすい色味且つ天然の木の様な風合いだったりします。
では、そんなウッドデッキの様々な使い方をご紹介します。
ウッドデッキには柵のないものや柵有りのもの、シェード付きのものなどが存在します。
作りによって使い方は変わってきますが、ただウッドデッキを付けただけで使っていないという方も少なく無いと思います。
柵なしの場合は人間だけではなくペットも日光浴することができたり、植木鉢やプランターを置いて家庭菜園等を楽しむことができます。
柵有りの大きめのウッドデッキであれば周囲を気にすることなくペットはもちろんお子様とプールをしたりちょっとしたピクニック気分で外で食事をすることができます。
人工木材なので汚れたら水で洗うこともできます。
そしてシェード付きのウッドデッキであればその所の大きな窓を開けていても侵入者はなく安心して空気の入れ替えをすることができます。
また、そこで洗濯物を干すと風の強い日の砂ぼこりや花粉の付着を防ぐことができます。
ウッドデッキを設置したいと考えている方は無知の状態で設置すると失敗してしまうリスクが高くなります。
なので、人工木材のウッドデッキ専門業者へ依頼して詳しく話を聞くと良いです。


本物の質感に近い【MINO】の人工木材なら耐久性抜群でメンテナンスも簡単です!
また、熱を溜めない使用になっていてささくれもないので、お子様でも安心して裸足で歩くことができおすすめです。

Choices Article

TOP